SS撮影スタジオを体験

2018-12-22

 

今回は色々あってスクリーンショットの撮影スタジオにお邪魔して来ました。

エル
色々って何だよ……。
ハルト
あれですよ、PT募集をぼーっと眺めていたらSSを撮ってくれる募集が出ていたのですよ。
エル
色々でも何でもないな。
ハルト
綺麗なSSがどうやって撮られているのか興味があったので飛び込んでみました。
エル
このブログにはロクなSSが無いからな。

スタジオへ

早速、PT募集に入ってみると、募集主さんが撮影スタジオであるハウジングに案内してくれました。

ハルト
中に入ってみると、何とも不思議な空間がっ……!
エル
やっぱり光の当たり方とかが大事なんかな?タイタンエギは動く照明って感じ?
ハルト
あ、それは自分のタコです。
エル
お前のかよ!

撮影コース

撮影にはコースが有り、その中から選択する分かりやすいシステムとなっておりました。

バストショットコース

顔のアップを撮影、ツイッターのアイコンやサムネなどに

フルショットコース

全身が入る様に撮影、装備など全身を撮りたい人向け、好きな場所と時間で撮影して貰える出張有り

エル
で、どっちのコースにしたん?
ハルト
フルショットコースでお願いしました!今回は深夜だったのでスタジオでの撮影となりました。
エル
どうせお気に入りの場所何て無さそうだし、丁度良かったじゃん。
ハルト
失礼な! マイベストロケーションくらいありますよ!

 

ハルト
ザ・パラダイス!!
エル
地獄に落ちろ

加工内容

撮影だけではなくスクリーンショットの加工までして頂ける様で、加工の内容について説明を頂きました。

  • 色調補正
  • フォーカス補正
  • 肌修正(肌が装備がきれいに見えるように)
  • 髪の修正は基本的に無し

そして希望するイメージ、雰囲気を聞かれたのですが「カッコ良くお願いします!」というのボキャブラリーの無さが露呈してしまう言葉を飲み込んで、撮影者様にお任せで撮影して頂く事にしました。

撮影者様によると褐色肌のキャラクターは撮影が難しいとの事、ちなみにこの時自分のキャラクターは肌色がほぼ真っ黒のララフェルでした。

エル
一番厄介なパターンやな
ハルト
ごめんなさああああい

撮影開始

ひと通り案内と説明をして頂き、いよいよ撮影開始です。

撮影したいポーズを聞かれ、開始早々に硬直する自分と応援してくれている撮影者様の図

結局、撮影者様にエモートを指示して頂き撮影を続ける事になりました。

エル
本当に厄介な被写体だな!!

続いて、別のセットでも撮影して頂きました。
照明の位置を微調整して撮影していらっしゃいました。

なお、何が起こっているのかサッパリわかっていない被写体(自分)

次にやってきた方の撮影模様、こちらの方は撮って貰いたいポーズをきちんと決めて撮影に臨まれておりました。

エル
それが普通だよな。
ハルト
・・・。

完成したスクリーンショット

そんなこんなで撮影は終了、加工作業を経て完成したスクリーンショットを送って頂きました。

ハルト
見たまえこの出来栄えを!
エル
自分で撮ったらこんな綺麗にならないよなぁ
ハルト
自分では綺麗なSSが撮れないとお嘆きのアナタ!PT募集でみかけたらチャンスですよ!

最後になりますが、親切に説明と撮影をしてくださった撮影者様、この度は有難うございました。

日記

Posted by ハルト