パッチ2.0シリーズのメインクエストを振り返る(その1)

ザナラーン

パッチ3.0公開までいよいよ1か月程となりました。という事でパッチ2.0シリーズのメインクエストを大まかに振り返って、新たなシナリオに想いを馳せようと、そんな感じなのです。

パッチ2.0

選んだ初期クラスによってスタートする都市国家が違い、Lv15あたりまでのメインクエストの内容がそれぞれ異なるのでこの辺りは割合(’’

 

レベル5~

各都市で暁のメンバーと会ったときにモンスターと戦闘になります。そして戦闘が終わった後謎のクリスタルを入手したところでハイデリンが語りかけてきます。

ffxiv_20150527_174822

 

聞いて・・・感じて・・・考えて・・・

・・・光のクリスタルを手にし者よ、星の声を聞く者よ、我が名はハイデリン・・・星の秩序を保っていた理は乱れ、世界は今闇で満ちようとしています。

闇はすべてを蝕み、すべての生命を奪う存在・・・闇に屈せぬ光の意志を持つ者よ、どうか星を滅びより救うために、あなたの力を・・・

光のクリスタルは闇を払う力、世界を巡り光のクリスタルを手に入れるのです。あなたの戦いが、魔法が、行動が光のクリスタルを生みだすでしょう、それが光の意思を持つあなたの力・・・。

光の意思を持つ者よ・・・どうかあなたの力を・・・。

なんかよく分からない石を拾ったら、「その光のクリスタルをもっと集めて来い、さもないと星が滅びよ?」的な事を言われます。レベル5にしていきなり星の運命を左右する事になった冒険者なのでした。

 

レベル9~

アシエンがゴーレムを差し向けてきます。

ffxiv_20150527_181921ffxiv_20150527_181944

対して強くないのでサックリ倒します。

ffxiv_20150527_182253

すると眩暈がしてまた回想シーンに・・・

ffxiv_20150527_182412

 

その地域を担当している暁メンバーの過去を見ます。サンクレッドはリア充しつつ調査もしてますよ的な内容でした。「詩人の私」とかジョブ詐称したり

サンクレッド「で、ウルダハのどのあたりに住んでるの?」

等と申しております。(’Д’)<

 

レベル14~

いよいよアシエンと直接戦います。

ffxiv_20150527_183531

召喚したモンスターを倒すあたりで暁のメンバー(ウルダハの場合サンクレッド)が来て勝手に倒してくれます(’ω’)ラクチンねー

ffxiv_20150527_183639

倒したアシエンの傍らに何やら汚い色のクリスタルが落ちていて、調べようとしますが砕け散ってしまいます。これが後に語られる「闇のクリスタル」のようです。

そして都市国家へ戻り、グランドカンパニーの盟主と会います。

ffxiv_20150527_184230

ffxiv_20150527_184234

何故か盟主は光のクリスタルについて知っていて、「マザークリスタルに導かれた事があるのではないか?」と聞いてきます。そしてそんな冒険者を見ていると5年前にカルテノーで戦ってくれた冒険者たち、光の戦士を思い出す。と語ります。

ffxiv_20150527_184405

 

そしてお約束の眩暈が・・・。

 

ffxiv_20150527_184442

ffxiv_20150527_184543

 

そして5年前のカルテノーの戦いの様子を垣間見ます。ここでシャア

アシエン・ラハブレアが登場。

 

ffxiv_20150527_185020

蛮神「バハムート」か、再びこの目で見ることができようとはな。

久方ぶりの外界だというのに、よく動く・・・。

ほうっておけ、我々の気配を悟られようと、どうせ奴らには何もできん、

これは始まりだ。この星が「真の姿」を取り戻す、その日へのな。

フハハハハハ

(´∀`)この時は何が何やらサッパリですな

 

レベル15~

スタートした都市国家で飛空艇の許可証を貰い、他の都市を回って手紙を配達します。

その頃東ラノシアの帝国基地では・・・

ffxiv_20150527_192043

ffxiv_20150527_192107

 

ガイウス御一行様が到着していました。

 

ffxiv_20150527_192121ffxiv_20150527_192152

ffxiv_20150527_192212

過去2回のエオルゼア侵攻失敗を悔しんでいるようです。そして今回3度目の作戦をなにたら計画しているご様子。ついでに提督が放ったスパイがネロに殺されます。

そしてサスタシャ、タムタラ、カッパーベルを攻略し、ウルダハへ報告にやってくると・・・

 

レベル17~

ffxiv_20150527_190526

ガラの悪い商人に難民女性が絡まれているところに遭遇します。

それを助けると

ffxiv_20150527_190713

また眩暈からの

ffxiv_20150527_190836

難民問題について話しているウルダハ市民の回想が始まります。

そして回想後、暁のメンバーに声をかけられるのですが、開始都市によって違うようなのですが、何故か宿屋で3パターンとも見る事が出来ます。

ffxiv_20150527_191013

ffxiv_20150527_191120

ffxiv_20150527_202801

(’Д’)個人的にはヤシュトラさんでオネガイシマス!!!

そしてベスパーベイの砂の家に行くことになります。初めて砂の家に行くと・・・!

ffxiv_20150531_125201

 

フンフ フンフ フーン。

すーなの こーやに おはなーが さーいたー。

フンフ フンフ フフフ フフーン。

きーれいーな おーはなーは こーいの はーじ、まりー。

わーたしーの こーころーも はーじ、けるのー。

ベキッ! ドキッ! バキーン!

ドスッ! ドカッ! ドカーン!

と、タタルさんが鼻歌でお出迎えしてくれます。そして砂の家の奥に通され・・・

ffxiv_20150531_125417

暁の皆様が待ち構えております。スタートした都市国家以外を担当するメンバーとはこの時初めて会うことになります。そして開始都市担当のメンバー(自分はウルダハだったのでサンクレッド)が会釈してくれます。

ffxiv_20150531_125438

 

暁の血盟はエオルゼアの為に蛮神問題のついて取り組んでる、超える力を持ってる貴方にも加わってほしい、とこういうことですな。

冒険者ならまずはエオルゼアについて知らなくてはいけない→我々と蛮神問題を追えばエオルゼアの事が分かるよ?

 

ffxiv_20150531_125749

 

さらにリテイナーを雇えるように手続きをしてくれたミンフィリアさん、ものすごく断りにくい雰囲気にしてくれちゃってます。「調査をするだけだから・・・」といいつつ、この後当然のように冒険者が討伐しなければいけないわけですが・・・。

そんなワケで暁の血盟の仲間となった冒険者、メンバーの自己紹介もそこそこに早速とある事件について調査を頼まれます。その事件というのは

  • クリスタルを運んでいた鉱山社のキャラバンが襲われた事件。
  • ウルダハ周辺の貧民窟から貧民が失踪している事件。

であり、何方もアマルジャ族の仕業と考えられ、蛮神と関係した事件で、貧民の失踪(誘拐)事件は特にキャンプ・ドライボーンで発生しているらしく、現地に行って調査して欲しいとの事

 

レベル20~

ドライボーンにやってきて調査を開始、すると司祭を名乗る者が貧民達に「ついてくれば仕事を与える」と言って言葉巧みに連れ出して行くのだという。

そこで冒険者とサンクレッドは貧民に変装し、その司祭とやらを待ち伏せして捕縛する事に成功、司祭の正体はウグストという商人でり、彼は連れ出した貧民達をアマルジャ族に売り渡していたのであった。

そこでウグストをアマルジャ族との商談に向かわせ接触してきたところを一網打尽にする作戦を不滅隊と合同で行うことになるのだけど・・・

 

ffxiv_20150531_155951

アマルジャ族との商談に向かう商人ウグスト

 

ffxiv_20150531_155956

 

アマルジャ族が来るのを待つ不滅隊隊員達

ffxiv_20150531_160036

アマルジャ族がウグストに接触したところで作戦通りに奇襲をかけますが・・・敵の伏兵が多数登場、逆に包囲されてしまった不滅隊隊員と冒険者であった。

ffxiv_20150531_160053

 

ffxiv_20150531_160104

なんと不滅隊側にアマルジャ族側のスパイが居て作戦は筒抜けなのであった。(’Д’)<

ffxiv_20150531_160132

アマルジャ族に立ち向かうも次から次へと敵の増援が現れて大苦戦する冒険者、倒れていく隊員達・・・

ffxiv_20150531_160934

 

バハ鎧なのは気にしない方向で・・・

 

ffxiv_20150531_160954

不意を突かれて敵のスリプルを受け、意識を失う冒険者

ffxiv_20150531_161005

そして隊員達とともにアマルジャ族の本拠地に連行されてしまいます。どうやら蛮神イフリートへのお供え物にされてしまうようです。

ffxiv_20150531_161516

ffxiv_20150531_161534

ついにアマルジャ族達が蛮神イフリートを召喚

ffxiv_20150531_161555

アマルジャ族側に寝返っていた不滅隊隊員と商人ウグストもセットでお供え物にされるようです。(’∀’)ざまぁ

ffxiv_20150531_161618

イフリートが青い炎を吐きます。すると・・・

ffxiv_20150531_161639

炎を浴びた者達はイフリートを崇める信者(テンパード)になってしまいました。

ffxiv_20150531_161651

しかし冒険者には何故か効きません(’’

ffxiv_20150531_161710

イフリートさんはアシエンと面識があるのでしょうか?「天使い殿」と言っています。信者にならないなら殺す!と襲い掛かってきます。

ffxiv_20150531_161716

こうして蛮神イフリートと戦うことになる冒険者であった。俺に任せておけとドヤ顔してたサンクレッドさんの姿はありません(’Д’)あの野郎・・・!

 

ffxiv_20150531_163523

どうにかイフリートを倒す事に成功した冒険者

ffxiv_20150531_163545

赤いクリスタルを見つけます。それを手にすると・・・

ffxiv_20150531_163559

なにやら回想シーンに入ります。どうやらこの赤いクリスタルも以前ナナモ様を助けた時に見つけた青い物と同じく「光のクリスタル」だったようです。

ハイデリンが集めろと言っていた光のクリスタルをこれで2つ集めた事になりました。

ffxiv_20150531_163636

そして今頃になって現れたサンクレッドさん

ffxiv_20150531_163643

 

ffxiv_20150531_163648

アクロバティックにアマルジャ族の生き残りを倒して必死にアピールしてきます。

ffxiv_20150531_132952

 

そして、イフリートとの戦いを一部始終見ていた帝国軍のネロさんと

ffxiv_20150531_133031

リウィアさんです。ネロはどうやらイフリートの何らかの数値を測定したようですが、想像していたよりも低い値が出たようで、イフリートさん大したことないじゃん的な(´ω`)

そしてガイウス様の為に自分の仕事をさっさとしないと殺すとリウィアに怒られるネロさんであった。

どうやらリウィアさんはガイウス様LOVEなご様子。

 

こうしてドライボーン周辺で起こっていたアマルジャ族による蛮神イフリートの問題は一時の収束を迎え、砂の家に報告に戻ります。

 

ffxiv_20150531_164714

自分が何もできなかった事をミンフィリアに語るサンクレッドさん、本人も相当気にしているようです。

今回の事件を纏めると・・・

■クリスタルを運んでいたキャラバンが襲われた事件

蛮神を召喚して実体化させるには大量のエーテルが必用なので、大気中のエーテルだけではとても足りずエーテルが結晶化した物であるクリスタルを用意しなけばならないので、アマルジャ族達はキャラバンを襲ってクリスタルを持ち去った。

■貧民が誘拐された事件

蛮神は祈りの強さによって力を増す為、祈りを捧げる信者が必用なのでウグストが貧民を騙して連れ去り、アマルジャ族に売りとばしていた。

 

ffxiv_20150531_165142

 

冒険者は「超える力」を持っている為、イフリートの炎を受けても信者にならなかったと、ミンフィリアさんが教えてくれます。なお理由は不明とのこと・・・

ffxiv_20150531_165247

去り際にサンクレッドさんが、何やら責任を感じているような発言をしていきます。

 

今回はとりあえずイフリート討伐までの内容を纏めてみました。だいぶ長くなりそうなので続きは次回・・・

3.0までに全部まとめ終わるのだろうか・・・!?


PAGE TOP