3.0の前に竜騎士のおさらい

2016-08-02

※注意※ルガえもんは今回出てきません

来たるべくパッチ3.0蒼天のイシュガルドについての情報がどんどん公開され、竜騎士活躍の期待に心躍る今日この頃いかがお過ごしでしょうか

今回は3.0の前に竜騎士についてのおさらいをしようという、そんなカンジの日記です(’ω’)ノ

※今回の記事はファイナルファンタジーシリーズのネタバレ要素を含みます。ご注意ください

 

 

竜騎士とは

FFで竜騎士というと「武器は槍、ジャンプ、竜に乗ってる、床」

のようなイメージがありますが・・・困ったときは検索検索、すると「竜騎兵」という言葉が出てきました。

竜騎兵(りゅうきへい)は、近世ヨーロッパにおける兵科の一つ。一般にはドラグーン・マスケット(小型のマスケット銃)やカービンなどの火器で武装した騎兵を指すが、その詳しい定義は国や時代により様々である。(wikipediaより)

この竜騎兵は英語で「Dragoon」と表記され、これは扱う武器が火器(ドラゴン)であることからきている説があるんだそうな、FF14の竜騎士も英語で「Dragoon」と表記されていますが武器は火器ではなくて槍ですよね(’’ 竜騎兵と竜騎士は別物のようです。

 

FFの竜騎士

 

FFで最初に出てきた竜騎士はFF2のリチャードだと思います。GBA版では竜騎士っぽい鎧を着ていますが、ファミコン版のFF2ではFF14のエルモのようなバルビュートみたいな兜をかぶっていて竜騎士というより騎士のような出で立ちでした。

ff2-ryuu
FC版のリチャード

 

erumo
FF14のエルモ

リチャードの得意な武器も槍ではなく剣です。先ほどの動画からわかるように「竜を操るこのとできる騎士」といった感じのようですね(’ω’ )フムフム

そしてFF3では竜騎士はジョブの1つとして登場してきましたねヽ(’∀’)ノ この頃から「ジャンプ」が登場したようです。またFC版でも兜のデザインも竜騎士っぽくなりました。

 

そしてFF4では主人公の仲間、カインが竜騎士です。

sfc-ryuu

 

カセットにタイトルと一緒に描かれているのは竜騎士だと思うのですが・・・FFの竜騎士といえばこのFF4のカインのビジュアルが一番有名ではないでしょうか(’ω’)ノ

敵に洗脳されて裏切りたりしたせいで裏切りキャラとして有名なカインさん「だいじょうぶだ・・・おれはしょうきにもどった!」という有名なセリフが生まれました。

 

FF5ではジョブの1つとして登場、鎧はFF4のカインの同じようなデザインです。また、レナ(ヒロイン)のお父さんであるタイクーン王が飛龍に乗ったりしていました。国王が槍で戦ったりジャンプしたりしていたのかはわかりませんが(’’

FF6では装備するとジャンプが出来るようになる「竜騎士の靴」というアクセサリーが出てきたそうです。

FF7では世界観的にカインのような鎧を出せないのか、30代のおじさん(シド)が槍を持って飛び跳ねていました。

FF8はプレイした事がないのですが、調べてみたところ竜騎士は居ないみたいです(´・ω・)lll

FF9には竜騎士フライヤが仲間になります。

hreija

カインのような鎧は着ていませんが、帽子にそれっぽい飾りがついていますね(’∀’)槍がなんかFF14の戦記武器リベレーターに似ている気がしないでもない・・・

リチャード、カイン、シドは名前に「ハイウインド」や「ハイウィンド」が付いていましたがフライヤにはついておらず、「フライヤ・クレセント」という名前でした。FF14では飛空艇を運行しているハイウィンド飛空社にその名が付いています。FF7のシドの飛空艇の名前も「ハイウインド」でしたね!

 

 

FF11の竜騎士についてはあちこちで11プレイヤーの皆様が言及されていますので割合します。(´・ω。)自分はFF11で遊んだことがないので・・・

 

FF14の竜騎士

さて、いよいよFF14における竜騎士について、ジョブクエストとパッチ2.5パート2のメインクエストを見てみましょう

※以下、竜騎士のジョブクエスト、及びパッチ2.55メインクエストのネタバレ要素を含みます。

 

大体のあらすじ

  • イシュガルドの秘法「竜の眼」が持ち出された。
  • 竜の眼とはイシュガルドの竜騎士の中でも、最も強く賢い者に 「竜の力」を授けるという不思議な力を持つ宝珠
  • 「竜の力」に目覚めた者は、 ひとりでもドラゴン族と対等に渡り合うほどの力を得て、 空を制するがごとく舞う様から「蒼の竜騎士」と称される。この蒼の竜騎士は世代ごとに一人しか居ないらしい(冒険者は例外
  • その蒼の竜騎士、エスティニアンを追うことになった冒険者(冒険者も竜の眼に選ばれて蒼の竜騎士になりました。
  • アルベリク(神殿騎士)から竜の眼と蒼の竜騎士のはじまりについて聞く・ニーズヘッグは20年前に目覚めてエスティニアンの故郷の村を攻撃、それを当時蒼の竜騎士だったアルベルクが撃退、この時、竜の眼に魅入られそうになりアルベルクは竜の力を捨てる、竜の力を捨てたことにより、それ以上戦うことが出来なくなったアルベリクは、エスティニアンを連れて村から脱出する
  • エスティニアンはニーズヘッグの目覚めが近いことを知り、竜の眼をイシュガルドから離すことで皇都に被害が及ばないようにしようとしていた事がわかる
  • エスティニアンは、アルベルクが自分で竜の力を捨てて、結果自分の故郷を守れなかったと知る
  • 故郷を失った恨みをアルベルクにぶつけるべくエスティニアンが戦いを挑んでくる
  • この時、恨みの感情に飲まれたエスティニアンにニーズヘッグが語りかけてくる

ffxiv_20150418_174202

 

ffxiv_20150418_174222

 

ニーズヘッグがダークパワー的なものをエスティニアンに付与します。

ffxiv_20150418_174228

 

ffxiv_20150418_174235

左手前に居るのがアルベリクさんです。そして竜の眼に魅入られてダークサイドに落ちたエスティニアンの攻撃が迫ります。その時・・・!

 

ffxiv_20150418_174249

冒険者の姿が初代竜騎士ハルドラスに(’Д’)!? 奥のなんかあやしいモヤモヤがついてる方がエスティニアンです。

そしてハルドラスの姿になった冒険者がエスティニアンを撃退します。

 

ffxiv_20150418_174327

ニーズヘッグの気配もエスティニアンもどこかへ行ってしまいました。クエストの最期アルベリクさんは

「あの黒い光に触れたとき、私は…… 20年前に垣間見た感情のうねりと似て、 しかし非なる言葉を聞いた。イシュガルドとドラゴン族の間に横たわる、 深く悲しい溝を嘆く声を…………冒険者の君にも、いつか語る時が来るかもしれない。 」

と意味深な発言をしています。(’∀’)3.0~の複線でしょうか!?

そしてパッチ2.5パート2のメインクエストでは・・・

 

ffxiv_20150418_174614

 

ffxiv_20150418_174641

 

ffxiv_20150418_174648

クルザスでは戦士の事を竜騎士と呼ぶのでしょうか、でも竜の眼から竜の力を得ている竜騎士はエスティニアンと冒険者のみなようです。竜の力を得た蒼の竜騎士は一人でもドラゴンと渡り合える、との事なのでイシュガルドにいる普通の竜騎士では一人でドラゴン族を倒すのは難しいという事なのでしょうか(´ω`)なんか3.0のOPでもパックンチョされてた竜騎士さんがいたみたいですし

 

ffxiv_20150418_174743

そしてエスティニアンの持ち出した竜の眼は何だかんだイシュガルドに戻ったようです。

 

ffxiv_20150418_174857 ffxiv_20150418_174905

「大丈夫、俺は正気だ」この台詞はFF4のカインの台詞だいじょうぶだ・・・おれはしょうきにもどった!」が元ネタだと思われます。(’Д’)3.0で裏切ったりシナイヨネ・・・?

 

ffxiv_20150418_174915

竜騎士のジョブクエストのラストでやはりエスティニアンは竜の眼に魅入られてニーズヘッグの力を得ていたようです。しかし、どういう訳か都合よく正気に戻ってニーズヘッグの力の美味しいトコロだけ頂いて帰って来たようです。ドラゴン族とつながりがあると異端扱いされて捕まったりするイシュガルでこれはどうした事かと思いますが、そんな事気にしていられないくらいイシュガルも緊迫した状態という事なのでしょうか(’’?

3.0のメインクエストシナリオは勿論ですが、追加される竜騎士のジョブクエストも楽しみですね!

 

余談ですがFF2が発売されたのが1988年の12月、記事の冒頭にあったルガえもん画像の元ネタである「ドラえもん、のび太と竜の騎士」が公開されたのは1987年の3月でした。

FFよりも先にドラえもんの方に竜(2足歩行)に乗って槍で戦う騎士が出ていました。この竜の騎士というのは竜を倒したり手なずけるというより、騎士達自体が恐竜が進化した人類であることから付けた名前のようですが!

それでは皆さん良い竜騎士ライフを! ビュン ======(’ω’⋆) <イルーシブ