ララフェルを数える「南ザナラーン編」

2016-08-02

はじめに

今回やって来たのは南ザナラーンです。ウルダハを出て中央ザナラーンより南ザナラーンに入ります。他の地方と違って南ザナラーンの入口は不滅隊が警備しています。

ffxiv_20150419_173839

警備をしている不滅隊員に聞いてみると南ザナラーンにはアマルジャ族をはじめとして凶悪なモンスターがいるからなのだとか・・・確かにここにはザンラクやザハラクといったアマルジャ族の蛮族拠点があってレベルの高いモンスター達が居ます。そんな危険な地域でどんなララフェル族達がどのように過ごしているのでしょうか(’ω’)ノ サガシテミマショー!

※SSを撮っていると若葉マークのLV12呪術師の方が南ザナラーンへと入っていきました。どうやらザル警備なようです。

 

種族調査結果

南ザナラーングラフ

  • デューンフォーク族:♂7人(70%)♀3人(30%)=計 10人
  • プレーンフォーク族:♂(0人)♀(0人)

前回に続いて今回もプレーンフォーク族を見つける事が出来ませんでした。というのもアマルジャ族の本拠地があり、流通や貿易のルートから外れており、リムサロミンサグリダニア等の他の地方と接続していないという地域柄もあるのではないでしょうか

 

リトルアラミゴ

祖国を失ったアラミゴ人達、彼らが住むリトルアラミゴは人里離れたここ南ザナラーンにあります。すごく僻地に追いやられてる感が・・・

そしてすぐ北には盗賊、骸旅団のアジトがあります。彼らについてリトルアラミゴの住人から話を聞きました。ffxiv_20150419_165817

ffxiv_20150419_170134
元々アラミゴ王の親衛隊だったという盗賊骸旅団

元親衛隊とは思えないくらい悪そうな人たちばかりです。格闘士のクラスクエストで訪れた際はコイツらにボコボコにされました(’’;

 

ffxiv_20150419_170218

 

明らかに寝てるのにアクティブMobです。低レベルで訪れる際はご注意ください!(特に格闘士クエスト

 

僻地でも逞しいララフェル達

こんな僻地においてもララフェル達はがんばっているようです。

 

ffxiv_20150419_165921

 

リトルアラミゴの住人達の為に薬を作っている心優しきヒヒラさん、アラミゴからの難民が住むリトルアラミゴですが、彼女はアラミゴ出身者ではありませんまた、リトルアラミゴ内でアラミゴ難民のララフェル族を見かけることは有りませんでした、しかしウルダハにはララフェル族であるアラミゴ出身の剣士がいることからアラミゴにもララフェル族は住んでいた様です。

 

 

ffxiv_20150419_170354

 

ffxiv_20150419_170458そして忘れらてたオアシスの方では、遥々商売をしにやってきたララフェル族の商人達を見る事が出来ました。しかし何故か売っているのは属性耐性系の薬のみでした(’。’)どこで使うんだろう・・・

 

ffxiv_20150419_171002

ffxiv_20150419_170922

 

 

一番砂漠らしい砂漠、サゴリー砂漠の真ん中で古代アラグ帝国の遺跡発掘をしている集団、鉄灯団が警備しているところを見るとアマジナ鉱山社なのでしょうか

 

寄り道

ffxiv_20150419_170522

 

ララフェル達の露店の近くで見かけた彼ら、不滅隊の隊員らしいのですがどうみても不審者集団にしか見えません、「秘密特訓中」とのことらしいです。何故上半身裸なのかは謎です。