イソム・ハーの穴蔵と死者の宮殿

ディープダンジョン

パッチ3.35にて実装予定のディープダンジョン「死者の宮殿」が実装されます。

今回はこの死者の宮殿の入り口と思われるイソム・ハーの穴蔵について色々調べてみました。

地下都市「ゲルモラ」時代の遺構「イソム・ハーの穴蔵」の奥底にて、未知の迷宮が発見された。その内部には、強力な「結界」が貼られており、ひとたび足を踏み入れれば、本来の力を発揮できなくなってしまう。さらに幻惑魔法によって、入る度に構造が変化して感じられるという有様……。死霊が目撃されたことで、いつしか「死者の宮殿」と呼ばれるようになっていた、この謎の迷宮を調査すべく、鬼哭隊は冒険者たちに協力を仰ぐのだった。

ハルト
というのがディープダンジョンの設定らしいです。
エル
そのうちIDとして行けるようになるんじゃないかとか随分前に言われてたよね
ハルト
もはやイソム・ハーってそういえばありましたねってレベルですね

 

イソム・ハーの穴蔵の場所

ハルト
まずは場所、イソム・ハーは南部森林にあります。

dp2 dp3

エル
バスカロンドラザーズの近くだね

 

イソム・ハーの穴蔵って何なのさ?

ハルト
このイソム・ハーの穴蔵は、ゲルモラ時代の遺跡と言われています。サブクエストでもチラっと語られていました。

 

dp4

dp5 dp6

 

ハルト
というわけで穴蔵付近を調査して遺跡の遺留品を探します。

dp7 dp8 dp9 dp10 dp11

 

エル
そしてもう1つサブクエストがあったね

 

dp12 dp13

dp14 dp16

 

ハルト
そしてクォリーミルのギャザラーリーヴにも!

dp17

エル
すごいゲルモラごり押しだな
ハルト
まとめてみると、イソム・ハーの穴蔵はゲルモラ時代の地下都市の一部でシェーダー族の先祖が住んでいた、ということらしいです。
エル
地下に住んでたからシェーダーはなんか顔色が悪い人が多いんだな
ハルト
プレーンフォーク族も地下通路のある家に住んでた設定なんですがああああああ!?

 

地下都市ゲルモラについて

ハルト
地下都市ゲルモラはグリダニアが建国する以前に黒衣森にあった国らしいです。
エル
アムダプールとは違うのか・・・

ゲルモラ1

ハルト
簡単に言うと、アムダプールが滅亡してから、グリダニアが建国するまでの間に黒衣森にあった国といった感じですかね
エル
何で地下に住んでたんだろうね・・・
ハルト
それは調べてみるとwikiにこんな記述をみつけました。

ゲルモラは鎮守の森(黒衣森)へ最初に入植した勇気有る我々の祖先が、森の怒りを恐れ、精霊の脅威を避けるために住み着いた洞窟都市。
洞窟での年月を経て幻術の技術が洗練されたことで精霊と対話できるようになった。
そして洞窟を出て森で暮らすことが許された。

エル
グリダニアお馴染みの精霊ガー!ってやつか
ハルト
この時に地下都市を出て森で生活し始めたのが現在のフォレスター族、地下に留まったのがシェーダー族、という事らしいですね
エル
そういえば北部森林にもゲルモラナントカって場所があったような気がする
ハルト
ゲルモラ遺跡だね!なんて事は無い遺跡だけど、ゲルモラが地下都市だったということは地表に出ているのは遺跡の一部でしかないって事なのかもしれませんね!

ffxiv_20160626_085351

 

 

タムタラの墓所と絶対王ガルヴァンス

ハルト
ゲルモラ時代にイクサル族を森から叩き出した1人の英雄が居ました。それが絶対王ガルヴァンスさんなのですが・・・。

ffxiv_20160701_225333

エル
「死ぬのが怖いかぁ?」とか言ってきそうな感じのイカイカしい姿になってますね
ハルト
タムタラの墓所もゲルモラ時代に作られた場所で、イカ、もといガルヴァンスのお墓もここにあります。

dp20

エル
タムタラの墓所もゲルモラ時代に作られたとなると、イソム・ハーの穴蔵とも地下でつながってたりするのかな?
ハルト
死者の宮殿でエッダちゃんが再登場するとの噂もあるし、十分考えられますね!

dp21

エル
エッダちゃん、タムタラの奥深くに落ちて行ったからなぁ・・・。
ハルト
他にも北部森林で落ちて行った人が居ましたね、個人的には再登場して欲しいです!

dp22

エル
こんな人も出てきたりして・・・

dp23

ハルト
リーヴォルドは東ザナラーンだから・・・。ちょっと厳しいのでは、キャラ的にも弱いし・・・。
エル
っていうかこのゲーム落ちる人多いな
ハルト
光の戦士ですら落ちまくりますからね!色々なところで!最近だとマハのオズマ戦とかね!
エル
落ちて行った人たちの吉Pへの怨念が渦巻く場所、それが死者の宮殿って事か
ハルト
何はともあれディープダンジョンに期待が高まる今日この頃なのでした!

 

 


PAGE TOP